三浪大学生でも生きているブログ

三浪の大学生でも生きていることを書く

三浪の就活が始まる

久しぶりの三浪です。

 

半年ほど放置していたがそろそろ人生に進展が生まれるので軽く更新する。宅浪は少しぼーっとしてても夏から挽回できるが、大学3年生はこの時期ぼーっとするだけで人生の終わりを迎えるもよう。以下、未来の三浪が人生を終わらせないための、幸せな世界線への超え方を記す。

 

一浪や多浪の皆様は就職を気にしていると思うが、良いとこに入れるか、などという結果ばかり心配していても、未来は好転しない。

就活がいつ始まり、何をすれば蜘蛛の糸を掴めるのか、我々先天的就活弱者は現役生以上にそういった情報に敏感になるべきである。これが大前提。

 

念のため先に言っておくと、三浪でも就職することは大いに可能である。がしかし、一部の業界、企業は我々を人だとは思っていないことも事実である。

 

さて、6月中旬にサークルの代表を引退し、三年の夏を前に、今我が何をしているかというと、サマーインターンのエントリーである。

 

サマーインターンってなんぞ?という多浪の自覚すら無い方々は今すぐお調べください。

 

そして、とある三浪の四年生から頂いた金言が「三浪なら、サマーインターンには死んでも行っとけ」である。曰く、4年の春、死ぬほど企業に問われるもよう。サマーインターンに行くこと自体が少なからずステータスになるのだ。

 

きっと、まわりの現役や一浪からは「サマーインターン行かなくても普通に就職できるぞ?」と、常識を提示される日が来るかもしれない。しかし、そこは冷静に考えて欲しい。我々は三浪である。多浪である。人に似て非なる存在が、どうして現役生と同じように採用してもらえるだろうか。

 

従って、我々は企業に、動ける多浪だと思われる行動をしっかり3年の夏から取っておくべきなのだ。動けない多浪はただの多浪だ。生涯自分のキャリアで一番目につくのが多浪という悲しい人生になりうる。

 

そして、そのサマーインターンの選考は早い企業で5月、ベンチャーや一部大手企業は6月にはエントリーを締め切ってしまう。

 

そしてこれほどネットが発展し、同年代の人々に溢れる大学という環境ですら、これらの情報に気づかず初動が間に合わない学生が数多くいることが自分の体験としてよくわかった。

 

決して世の中を嘆いてるわけではない。一度きりの大学生、遊んでいた方が幸せな人生と思う人も一定数いて人間社会だと我は思う。

 

一方で、我がここで言いたいのは、だからこそ、多浪の前にも道は開かれているということである。旧道だしクソ荒れてるが。

 

ということで、多浪のススメ「サマーインターンは死んでも行く。」という話でした。これは自分への誓いという意味でも書いているのであるよ。

 

今後は自分の体験なども交えつつ、多浪が相手にされる業界、家畜以下に見なされる業界などについても後世に残せればと思う。

三浪に人権はあるのか

昨日今日はセンター試験
ツイッターでは数多の知識そっちのけでムーミン祭り開催中。
これは十中八九日本政府による巧妙なフィンランドネガキャンだろう。(外務省HPを確認したところ日本はフィンランドに対し毎年貿易赤字を計上している)
嘘である。


寒話休題


そろそろ三浪の心配をする受験生も出てくると思うので、今日は当ブログを作った本意であるところ、「果たして三浪はアリなのか」について、早稲田政経三浪で入った僕が実際に受けている扱いを軸に述べたい。


1.日常交流

いける。結構なじめる。(当初僕が経歴を詐称し一浪などと妄言を吐いて友達を作っていた黒歴史は後日書くこととする)
大学は多様性の宝庫であり、留学生も山ほどいる。毎日が万博である。
現役生や一浪などからすれば三浪もそういった異文化交流の1つであり、大学生活の差し色というか、1つのアトラクション程度の存在なのだろう。
若い子の吸収力というかキャパはすさまじく、気づけば年上としての扱いは消え失せ、3個下に対し「ちょっと待ってくださいよー」的な立ち位置でいることが多い。悔しい。


2.サークル

きわどい。
これはおそらく三浪うんぬんではなく、人間性の問題なのだろう。
わりと浪人は浪人と仲良い傾向にある。浪人期間が人格形成に及ぼす影響は計り知れないものがありそう。
なじめるか本当に不安であれば、浪人の多いサークルを初めから選ぶことを推奨する。


3.勉強

きわどい。
これはおそらく三浪うんぬんではなく、人間性の問題なのだろう。(輪廻)
大学において成績を分かつのは、勉強したか否か、によるところが大きい。
三浪の頭の出来では皆についていけない、といったことはあまり起きていない。
ここで注意すべき点は皆についていけても授業そのものにはついていけてないケースは多々ある点である。
要は共倒れ。相対評価万歳。
あと大学の授業は情報戦である。多浪に友達など不要、といったスタンスは人だけでなく単位まで寄り付かなくなる。


4.生息数

皆無。絶滅の危機。
早稲田政経は1学年850人程度いた気がする。そして僕は比較的知り合いは多いと自負している。
しかしそれをもってしても未だ自分以外に三浪は発見できない。
とはいえ、三年溶かして唯一無二のキャラを手に入れたと思えば安いのかもしれない。
そう思えるほどには年寄りだから仲良くなれた人がいる。
きっと現役の自分では今の僕ほど友達に恵まれていなかっただろう。


5.就職

・・・。
現在2年生の自分には何とも。
しかし、企業の合同説明会的なものに行って採用担当の人に聞いてみると、案外気にしなくて大丈夫と言ってもらえる。
二浪はセーフ、三浪はアウト、といった記述は何のルールブックにも書いていない。新卒採用2浪まで、というような企業は今は少ないのでは、というのが現状の僕の結論。


6.総評

私文ですら三浪に人権はある。周りに同族がいなかろうが、居場所は自分で作れる。大丈夫。
二浪とか三浪医大生とかならもうその限りではないでしょう。何の心配もいらない。

よって、そういった不安は杞憂であるから、明るい未来目指して頑張ってくれたらと思う。
ツイッター三浪は大学でなじめるか、といったDMが度々飛んでくるので、わずかな需要に応えたこの誰得ブログが誰かの人生の糧になることを祈る。


大学生ランキング
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

浪人のつくり方

浪人は突然路地の片隅からにじみ出てくるわけではない。
今日は浪人の作り方をご紹介したいと思う。


2018年1月13,14日はセンター試験
この日志望校を予備校へシフトする人や浪数が増える人が多数いそうなので
地獄への先駆者として自分の残したガタガタの轍とそのターミナルを記しておく。


まず、僕の場合浪人になる素養に満ち溢れていた。

①高校の浪人率は4割、理系はおそらく6割程度
②勉強が苦ではなかった
③比較的人と会わずとも震えない人種だった
④大学に入る前にやってみたいことが腐るほどあった
⑤家計が厳しく私立理系に行くお金がなかった(高校では理系だった)
⑥親が寛容だった
⑦正直高3の秋には大学行くより浪人したいと思っていた

パッと思いつくだけでもこんなところ。
大学では統計学専攻なのでいつか浪人統計取って分析してみたいところだが、浪人になりやすい要素には大きくわけて2つあると思う。


1つは外的要因。上記の①、⑤、⑥。
特に⑤に関してはもう物理的に不可能なので現役の時は私立を受けもしなかった。

高校が理系だったが私立理系に入れない恐怖から理系への興味を喪失、京大経済の理系科目だけで入れる科を現役時は受験したが、浪人中にリスクマネジメント的に文転、私文への逃げ道を作るという弱腰。
とはいえ今となれば理系文系幅広く色んなものに基礎知識を得られたおかげでわりと人生楽しい。人生知識を楽しむのが一番だと思われ。


外的要因に悩まされている人はぜひとも強い精神を持って頑張ってほしい。
大学に入ると自分よりもっと地獄の最下層から独力で這い上がってきた人がいる。

彼ら彼女らへの尊敬から厳しいことを言うが、下には下がいるので自分に悲劇的にならず前を向くべきである。
いずれ大学に入れた時、君のその生き方を褒めてくれる人が必ず現れるだろう。大学はそういうところだ。


そしてもう1つ浪人の主な要因は内的要因、すなわち本人の後天的な性格。上記の②、③、④、⑦。
僕の周りにいる浪人生を見ていてもこの傾向にある人はかなりいる。
とはいえ三年間宅浪でフリーターやったり株やったり作曲勉強したりしていた放蕩息子は僕くらいだと思うが。
こういった高校生、浪人生は十分気を引き締めた方がよい。気づいたら三浪していた僕のようになる。

稀に、社会に身を置くより、監獄にいた方がマシ、と考え犯罪に走る老人などが取り沙汰されるが、まさに僕もそんな感じだった。ずっと靴を履きたくなかった。朝の日差しを浴びたくなかった。


大学生の縁語である”ウェイ”は多くの場合悪い意味で使われるが、このウェイは誇るべきタレントだと最近痛感する。
僕のような心が上手く弾めないメンタル弾性力の低い人間は、思い描くウェイの日々に憧れることができず、大学に進学するモチベを掴み損ねた。


しかし、高校から現役で入った明るい、友達の多い、ウェイの原石のような子達は多くが現役で大学に進学。
そして彼らの多くは望むがままに一流のウェイとしてキャリアを積み、ウェイとして就活でも重宝され、結果的に大手企業で幸せに暮らしている。三浪なので既に就職してる同級生が多々いるのである。

もはや僕はウェイに畏敬の念すら抱いている。
現在の大学の同学年を見ていても、この人は成功するだろうという人は、明るく、元気で、はきはきしていて、そしてよく飲む。
陽オーラに当てられると死んでしまうゾンビ系大学生こと僕は非常に悔しいがこれが現実である。


ある意味僕が高校の頃描いていた歪んだ大学像は当たらずとも遠からず。
なので、ウェイになる素地がある高校生、浪人生はぜひそんな大学生活をモチベに頑張ってほしい。君達の将来は約束されたも同然だろう。



そしてウェイになれない人、大学へのモチベは大学にも一定数ウェイになり損ねる仲間がいるということだ。
ゾンビは新たなゾンビを生み出すのがこの世界の法則。
ゾンビ仲間を見つけてマニアックな趣味を共有するのも一興だろう。

そして実際に結果残せるタイプの意識高い系や同じゾンビなのにすさまじいポテンシャルを持ったゾンビなど、面白い人間がたくさんいる。
やりたいことに打ち込み、仲間と今まで以上に大きな結果を社会的にも残せるようになるのが大学だろう。
ウェイとは違う世界でも十分楽しめるということが何となくようやくわかってきたところ。



浪人のつくり方と題しておきながら浪人への反面教師的諸注意と大学進学のすすめに終わってしまったが、志望校に落ち早稲田政経に入ったゾンビ系大学生の僕だが断言できる。大学は面白い。
なのでぜひ、これからも心を強くもって自分のために頑張ってほしい。


大学が面白いというのは早稲田が面白いだけな可能性もあるがその話はまたの機会とする。


大学生ランキング
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

三浪大学生、ブログを始める

三浪大学生のブログを始める。

以下、その経緯を垂れ流す。

歳は増えども才は増えない三浪の駄文を読み終えたその最後、読者は貴重な時間を大海のごとく広がるドブに捨てた後悔へと旅に出ること請け合いでしょう。

 

 

インターネット社会は日々目まぐるしい速度でその姿を変え、携帯端末1つから全世界へとリンクすることが可能となった21世紀今日この頃。

何か分からないことがあれば検索エンジンにタタタターンで万事解決。脳内に世界平和が訪れる。

 

多くの人がふと自分の将来に不安を抱き、グーグル先生に自分のキャリアを打ち込んだことがあるのではないか。そして類似した先人が将来どんな大学に行き、仕事につき、人生を歩んでいくのか、ガイドラインのように調べたことがあるだろう。インターネットは我々の精神安定剤だ。

 

しかし、

 

この情報過多ネット全盛時代に、

 

まともな検索結果が出てこない伝説の生物が存在する。

 

そう。

 

三浪

 

三浪である。

 

皆さんは三浪を知っているだろうか。これでも生物学的には人間の亜種である。邪険にしないでほしい。

三浪を検索してもインターネット空間にはクラウドというか綿飴というかスッカスカの情報がどうぞ私を食べてとばかりに自己主張を強めふんぞり返っており、いくら検索してもお腹が満たされない。筆者も未だ狂ったように検索し続けている。何が精神安定剤か。もはや麻薬ではないか。

このサイトのURL http://sanrou.hatenablog.comがまだ存在していなかったこと自体悲しいことである。

 

その人口、情報発信者の少なさのせいだろうか。三浪の生態は謎に包まれている。したがって、社会的マイノリティ極まりない筆者がこれから生まれてくるであろう、また生まれようか迷っている愛すべき浪人、中でも三浪のためにこのブログを書こうと思った次第である。ソクラテス顔負けの三浪助産術を発揮し三浪を生むお手伝いをしたい。

実際はもっと理由あるが今のところはこれだけで十分だろう。

 

 

そもそも皆さんは浪人という人種を知っているだろうか。

 

この生物は、高校までは他の人間と共生するが、その後生息地をスンダイちほうやカワイちほうなどに移し、主に親のスネを主食とし生活する。

労働者が学歴シグナリング理論に基づき出身大学で選別される日本に多く分布するとされる。

一部の学者からはkoukouseimodoki コウコウセイモドキという学名を支持する声も上がっているが差別的との反対意見も多い。では浪人という言葉は差別ではないのか。何かあれば瞬く間に火の無いところに煙が立ちのぼりその身焼き尽くされるまで炎上するこのご時世、今こそ浪人達も人権運動に立ち上がるべきだ!とはならない。この人種はなぜか浪人であることに誇りを抱いている。白人至上主義ならぬ浪人至上主義である。このあたりは面白いところなのでいつか書くかもしれない。

 

彼らの多くは錬成陣なしで100万円を対価に学歴を錬成するアルケミストであり、その後大きな夢を持って入った大学のサークルで現役生に混じり酒に明け暮れアルコリストに転職する者もいる。

 

と、ここまでが大まかな浪人の生態である。異論は認める。

 

浪人はその人口からして情報がネットにも多く存在し、また大学に入れば同じ人種、ちほう出身者も多いためあまり不安を抱えず幸せに暮らせる。

 

しかし、それは一浪までの話である。

 

 

少し牛の話をしよう。

アメリカの肉牛専用種ですら生まれてから出荷まで14ヶ月はかかる。

日本最高峰の黒毛和牛はさらに成熟させるため28ヶ月かかる。

 

もうお分かりだろう。

浪人も同じである。

 

人とは、1浪だけではなく1浪、2浪、3浪、というr=1の無限級数であり寿命の先に遠く発散していく数列である。脂の乗る時期はそれぞれ異なるのだ。

 

そしてn=2以降を多浪と呼ぶ。ちなみにここにも「二浪は多浪ではない」などというn >=3の多浪至上主義者が存在し、度々ツイッターを主戦場として浪人内による民族紛争が起こることを付記しておくが、これもこの上なくしょうもないのでまたいつか書くかもしれない。

 

古来日本の仏教は山岳信仰と融合した修験道のように土着思想とともに変遷を遂げており、近頃浪人の間で「ニロウマデナラダイジョウブ」と唱えれば誰でもその身そのまま極楽浄土へいけるとされる大乗仏教の一種が流行っているように見える。口を開けば皆そのお経を唱えており、これには法然もびっくりであろう。

 

でも、筆者はそうは思わない。思いたくない。三浪もきっとダイジョーブ。成功確率は低いかもしれないがうまくいけば大きな飛躍を遂げられるだろう。(cf.パワプロダイジョーブ博士)

 

そんなわけで、このブログは2018年1月現在大学2年生として何とか生命を保っている三浪のわいが、まだやっていないので自己紹介、そして浪人や大学、その他もろもろ、興味のあることないこと自由に書き殴っていくサンドバックにしていこうと思う。ここまで読んで理解したであろうが見渡す限りの駄文である。が、人生とはえてして駄文のようなものであり、そこに幸福を見出せる人間になったらもう金も何も関係ない絶対的な勝ち組ではないだろうか。

 

なお、既に一瞬漏れたが回によって人が変わったように筆者とかわいとか僕とか言い出すだろう。文体も変わるやも。その時の気持ち次第である。三浪だもの。

それでもこのサンドバックを日本中でくすぶっている似たような境遇の人々や、日々何か満たされない気持ちのまま生活している人々と共有できれば、笑い草にしてくれればいいなと思います。

 

どうぞ、よしなに。

 

 

余談だが「よしなに」は老人語なるものらしい。 


大学生ランキング

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村